能登町
遠島山公園
公園内には樹齢300年を超える赤松の大木が繁茂しており、しらさぎ橋は全長70mの奥能登唯一の吊り橋です。また羽根万象美術館や益谷記念館、民族館、郷土館などがある文化・芸術ゾーンです。
真脇遺跡縄文館
縄文時代の4000年間も繁栄を続けた他に例を見ない長期定住型遺跡で土器・石器・編物縄類、木製品、巨大な柱大量 のイルカ骨など、私たちに縄文文化の見直しを迫る貴重な遺跡を展示しています。
真脇遺跡公園
真脇遺跡公園は縄文人の遺跡と息吹とエネルギー、そして古代のロマンが漂う公園です。また、公園内には縄文人の感性にあふれる岩と瓦を使った「いらかの湯」、曲線を生かした女性らしい「あすなろの湯」がある「縄文真脇温泉」が開放的な温泉として注目を集めています。
海洋漁業科学館
海と水産業がわかる展示や、海の不思議や秘密を探るコンピューターゲームなど、遊び感覚で学ぶことができます。
世界一の縄文土器
能登町真脇遺跡から出土した福浦式土器がモデルになっており、高さ4.5m、重さ5tでギネスブックにも掲載されている。
九十九湾
リアス式海岸・海中公園の九十九(つくも)湾には」、日本百景の一つに数えられています。遊覧船により、起伏に富んだ海岸美と海中に生息する魚たちを堪能することができます。
恋路海岸
鍋乃と助三郎という若い恋人達の悲恋伝説の残る恋路海岸は、穏やかな青い海が広がり、海水浴場の前には弁天島が浮かぶ。近くにはハートをかたどった「幸せの鐘」のモニュメントがある。
うらうらビアパーク
内浦町立壁地内の緑豊かな景勝地にあり赤崎海岸のフィッシングブリッジも望め、ローラー滑り台や、チェコのブラウマイスターの作る池ビールレストラン「日本海倶楽部」があります。
赤崎海岸
赤崎海岸は、青い波と対照的な赤茶色の岩礁を散りばめたような海岸です。海中公園にも指定されており、赤い海岸線と青い海は、四季折々に素晴らしいコントラストを描きます。
ふる里きりこ橋
内浦町総合運動公園横の九里川尻川にかかる橋長59.5m、高さ23.8mの斜張橋で奥能登地方の夏祭りの象徴である切龍(きりこ)をモチーフにしたものです。
柳田村植物公園
約50haの広大な緑の中に花菖蒲園や四季の花咲く丘など見どころがたくさん。バーベキューや能登牛が堪能できるレストランもある。
星の観察館「満天星」
北陸最大の60cm反射式望遠鏡・100席収容のプラネタリウム等を備えた「満天星」の他、天体ドーム付コテージ(3棟)体験型コテージ(3棟)での宿泊も可能。